HOME>トピックス>プロに任せることで目を見張る仕上がりとなります

選ばれる一枚に

今、芸能界で活躍している方の中には、オーディションを勝ち抜いて地位を確立している方も多いと言われています。その一方で、オーディションには毎回数千を超える書類が送られてきます。選考委員の印象に残るには、まずは写真でアピールすることが大切です。ある意味運でもありますが、写真の撮り方を工夫することで確率はグンと上がります。特に子役オーディションにおいては、眼力や笑顔がキーポイントになります。専門のカメラ店も増えていますし、要望をしっかりと伝えることで納得の仕上がりになります。衣装や背景も重要な要素となります。

様々な世代に

近年、声優という職業にスポットライトが当たっています。無論、声が重要な要素ではありますが、オーディションにおいてはビジュアルも大切になります。履歴書に貼る写真を工夫することで、書類審査を突破出来ると言われています。そして、子役にも同じことが当てはまります。どんな特技やアピールポイントを持っていたとしても、第一印象がその人の価値を決めてしまうことがあります。メイク、CGでの細かな修整力が問われるのです。オーディションに特化をしたカメラマンであれば、個性を存分に引き出して合格に導いてくれます。